復命書(ふくめいしょ)とは何か?書き方と文例 - 決意表明の例 文書とスピーチ

復命書(ふくめいしょ)とは何か?書き方と文例


スポンサードリンク

復命書(ふくめいしょ)とは、上司からの命令によって、職員・社員が会議や研修などの特定事項に赴き出張した場合、出張後に、その過程や内容及び結果について上司に報告するために作成する文書全般のことをいいます。

上司からの命令が「研修の受講」であれば、内容として「研修報告書」と同じものとなるケースもあるでしょう。しかし、この場合はあくまでも「研修報告書」は「復命書」の範疇における「研修復命書」ともいうべきものであるということになります。

また、同じ復命書といっても、職場・企業によって、その意味する範囲も異なるので、前記の内容が「復命書」の基本的な考え方であることを踏まえ、職場の慣習に従うべきと考えられます。

そもそも、「復命(ふくめい)」とは、『命令を受けた者が、その経過や結果を報告すること』を意味し、復申とも言います。

このことの「意味」は、組織にあって、上司の下で働く部下や職員にとって重要です。速やかな提出(職場によって提出期限に規定のあるところもあるようです)と復命書の内容の充実度が自らを大きくアピールすることになるからです。

上司からの命令による出張が、上司の代理で会議に参加、ないしは研修に参加、ということもあるでしょう。このような場合、大変ではありますが、会社(職場)外部から得た情報や分析結果をわかりやすく復命書にまとめることで、時に企業の貴重な経営判断資料ともなりえます。そして、そのように判断された場合、命令を受けた「貴方」の株が急騰することは間違いありません。その逆もまたありますが・・・。

復命書の書き方
※非常にわかりやすく解説されています
http://ameblo.jp/maastyle0413/entry-10807734748.html

出張復命書の雛形の例

【実例110】レポート・報告書の書き方とコツそのまま使える!スラスラ書ける!【電子書籍】

その他 報告書の書き方に関する電子書籍

復命書と報告書

企業や官公庁における実際の例として、出張したら「復命書」を提出、というケースが多々あるようです。多くの民間企業では「出張報告書」で済む場合も多いのですが、出張で復命書を出す職場のケースでは、それ以外の研修や会議の報告を「○○報告書」で提出ということがあるようです。

このようなケースに身を置いていると、出張報告は「復命書」でそれ以外の報告は「報告書」で、というように思い込んでしまうこともあるようです。

しかし、「報告書」は、前後関係の有無に関係なく「事実や結果」を報告する文書であり、「復命書」は、上司の指示や命令の遂行後に結果報告するものです。すなわち、復命書はあくまでも「報告書の一種」であるということです。

復命書と研修報告書

新入社員の研修や中堅社員の研修などの場合、会社の制度としてこれを設け、行事として実施しています。故に、これらは社命による「研修の受講」なのですが、新入社員なら受講するのがあたりまえで、また中堅社員の場合はいつもとは違う業務の一環・・といった捉えかたがなされるケースが多いように感じられます。

こういった意識の反映なのか、「研修報告書の書き方」そのものをクリアすべく、いろいろと調べる傾向がけっこう多いようです。

それはそれで大切なことですが、ビジネス文書の一つである研修報告書は、『復命書の一つ』であると捉えて取り組むべきと考えられます。

決意表明の例文と書籍 決意がタイトルの注目の電子書籍

にほんブログ村 経営ブログ モチベーションへ

スポンサードリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 決意表明の例 文書とスピーチ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます